オオゼキのライブ感ある売り場と某大手スーパーの効率的な売り場から見る人間の飽きとAI時代にも生き残る文化的なもの

    今日行きつけの古くからある街の洋食屋でランチを食べながら、顔馴染みのオーナーと世間話しをしていてふと思う。こうした何気ない会話に対して大きな満足感を得る一方、どこにでもあるもの、効率的なもの、...