無我夢中になることと成果の関係 by ミハイ・チクセントミハイのフロー理論より

Pocket

最近読んでいた本で
ミハイ・チクセントミハイのフロー理論ってのが面白かった

「無我夢中」になっている状態を「フロー状態」とし、
そのフローの深い状態に入れば入るほど、高い潜在能力が発揮して
結果的にクリエイティブなことができるというお話。

そして、こうしたフロー状態になれる人は
小さい頃に実際に無我夢中になっている機会の多い人であるとの著者の主張です

無我夢中になるということは内発的な欲求に基づいており、
集中力がずば抜けて違うので結果がすごいということ。

実際に社会人の世界でも
ビジネスもそれ以外も夢中になれる人の方が成果が大きいというか
大きなことを成し遂げるのは集中して高い能力を発揮できる時間の
量が大きな要因なのかもしれません。

あとは座禅なんかが流行るのも本質的には「無我夢中」というか「無」そのものの
時間をつくる訓練をしているようなものかもしれないなと。それと、

というわけで、
ぼくは夢中になって遊んで、仕事もして、生きていきたいなと思うわけです

あと、フロー理論についてはこのサイトが詳しいです

このTEDの動画もおすすめです

 

1件のコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です