Pocket

11月に実施したHR meetup tokyo the war for talent- #4のプレゼン資料の紹介です。今回はレアジョブのHRの取り組みを紹介してきました。

詳細はスライドシェアの通りですが、自社でブログを書いたり採用メディアを運用する際にボトルネックとなる以下2点についてレアジョブで解消した事例を紹介しています。

  • サイトを更新できない
  • 記事などのコンテンツを作成できない

 

せっかくなので当日出た質問をご紹介します

このメディアは必ず記事を読まないと募集要項に進めないが、意図的にやっているのか?

→答えはYesです。実際に数字ベースでも応募してくれている人はコンテンツを見ている回数が多い傾向で、会社への理解が進んだ上で応募していただいているようです。

 

どんな人がライターをしているのか?

→ライターも複業の一つの熊谷氏(「スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない」の記事が面白い人です)に手伝ってもらっています。単に記事を書いてもらうだけではなく、どんなコンセプトでメディアを立ち上げるのか、その場合にどんなコンテンツを作っていくかの議論まで入ってもらっています。もちろん社員も書いています。

最近、面接をしているとこの記事を読みました〜みたいなコメントを多くいただくようになり、応募数やPVなどの定量的な成果はもちろんですが、定性的な成果も出てきていると感じます。

立ち上げサイトはこちら

アピール | レアジョブをアピールするマガジン
レアジョブの事をアピールするマガジン「アピール」では、レアジョブで働く人のインタビュー記事からプロジェクト秘話、採用情報までさまざまな角度からレアジョブをアピールしています。

なんでアピールという名前にしたのか、記事コンテンツの狙いは何か、などはこのプロジェクトを引っ張った向さんに今度語ったもらえればなと思います。