よく中途面接の志望で
・これまでは営業をしていたが、サービスの企画をやりたい
・これまではWeb関連のマーケティングレポート作成だったが、マーケティングをやりたい
という話をよく伺う。

しかし、残念なことに日本の場合、
・大企業にいれば、マーケティングセクションはそれまでの頑張りのご褒美の様なところで
20代で営業で成果を出して初めて移れる部署
・Web関連の会社でもAdwardsやWeb更新の作業はやっているが、なかなかマーケティング全体の戦略を考えて、企画を構築したことがない

というのがよくある例だ。

また、以前はP&G等、新卒時にマーケティングや営業等既に分かれて採用を
行なっている外資系の会社もあり、新卒からマーケティングをやりたい人は
そういった会社に就職していた。最近は、それらの外資系企業がシンガポールに
アジア・パシフィックのマーケティング拠点を移す傾向にあるその機会も
減ってきている。

ぼく自身は幸運にもマーケティングを今の仕事にできているが、
きっかけは立ち上げたNPOだった。

たまたま、NPOのダイレクトメール改善プロジェクトでアジアの広告賞の
審査員をしているな方と一緒にマーケティングを学ぶことができた。

ただ、最近の若手にはネットやNPO等のオフの活動でマーケティングを
学ぶ機会が増えてきている。だからマーケティングをやりたい人はいつでも
実験ができる環境にある。のでやるべきだと思う。

例えば下記の方法がある

1.NPO含めオフの活動に参加して、マーケティングのサポートをする

・マーケティング機能がまだ成熟していない組織で学べる
・プロボノなどが流行っていることから優秀なマーケターを呼びこんで学べる

2.自分で飲み会やイベントを開く

・多くの人に来てもらって、楽しんでもらえる会を企画、実行できるかは
それ自体がマーケティングの能力を鍛える
・来てもらえる人を決めて、それを実践するという行為自体が商品の
マーケティングと近い。

3.NAVERまとめtogetter等でView数を獲得する

最近、ネットでの情報氾濫で、本当に自分が必要な情報にたどり着くのが難しくなっている。
そこでキュレーションに関心が集まっているので流行ってきたサービスがまとめサイト。
しかも誰でもまとめをつくることができるので、マーケティングの1実験を行うには
最適なサイトである。

他に自分でブログを書くやWebサイトをつくる。
ドロップショッピングをやってみる等いろいろとあるが
上記3つは自分の時間以外の投資をしなくて練習できる場
なのでぜひぜひ試してほしいと思う。