Pocket

またまたバスケットボールからです。なんせBリーグが始まる年ですからね。一度は見に行かないと!

ちなみに前回のバスケネタはこちら
NBAのサラリーキャップ増加とソシャゲブーム時の給料上昇にある3つの共通点

ちょっと大げさなタイトルですが、小学校時代に教わったバスケ部監督のコーチングやマネジメントの考え方はその後の人生に大きな影響を与えました。ちなみにぼく自身は残念ながら全国優勝はしておらず、全国大会で1勝しただけですが、今思えばよくあの実力で全国大会まで行けたなと思います。(監督が過去に全国優勝経験ありなのは本当です。)

チームは平均身長は全国大会出場チーム中で低い順からベスト3に入り、運動神経も並の小学生の集まりでした。実際に、中学以降は”すごい”活躍した選手はあんまりいないのではないのでしょうか。今思えば、ぼくらはマジックにかかっていたような感覚です。

個人別の練習メニューがある。

小学生では珍しいのですが、個人の特技を伸ばす、ということで全体練習の後に個人の練習メニューが一人一人用意されていました。ぼく自身はだいたいストレッチして柔軟を良くするか、台形まわりからのジャンプシュートばっかりやっていた記憶があります。

逆に苦手すぎるドリブルは全然練習させられませんでした。典型的なキャッチ&シュートとリバウンドの訓練をさせられていた気がします。

チームの戦略に基づいて個人の練習までしっかり組み立てられていました。しかも、1日3時間以上練習した記憶はありません。短時間で効率的に、でした。

これは職場における育成にも同じことが言えると思います。全体に同等の課題ではなく、個人を見て適切な目標設計をするということですね。

「個と向き合う」ということ。

 

 

個性を活かしきる。たとえデブでも難聴でもレギュラー

小学校のバスケはルールで必ず10人が出ないといけません。小さいチームだとだいたい一つの学年に10人程度の生徒がいるので、ほぼ全員をうまく活用するかが腕の見せどころになります。

ぼくのチームは二年連続で明らかに重量オーバーな友人と難聴の障害を持った友人がいました。前者は”幅”をきかせて、ポイントガードがボール運びをしている間はその前をたらたら歩き、ハーフコートではもちろんポストプレー。

また、難聴の障害を持った同級生も普通にレギュラーでプレーしていました。難聴なのでだいたい聞こえているのですが、ミスが続くと聞こえないふりをする癖があり、それに対して監督が「聞こえないふりするな!」とマジ切れしていたのは子供ながらに驚きました。ちなみに彼はするどいカットインが武器でした。

何もバスケットボールは一人でやるスポーツではなく、全員で勝てばいいんですよね。仕事でも全く同じことが言えると思います。得意不得意や能力に差分があるからこそ組み合わせの妙があるというものです。

「チームは個の組み合わせでつくる」ということ

 

大事な試合の前は褒めまくる。気付くと抱く全能感

練習試合では勝てない相手にも本番の県大会では勝てる、そんなチームでした。大事な試合前になると練習でも練習試合でもとにかく褒め続けられます。いや、本当にとにかく褒め続けられるわけです。

「いやー、シュート落ちる感じがしないね〜」とか
「最近、すごくうまくなったあー」とか

本当は、そんなに変わらないはずなんですが、いつも見てくれている人に言われるとそんな気がしてきます。

本番の試合中になると更に褒めまくる、そんな監督でした。

仕事のアウトプットもかなりメンタル面の影響を受けます。Googleも生産性に重用なのは心理的安全性だと言っていますが、怒られるかも、という心配がない状態で仕事に打ち込めた方が生産性が上がるという結論を出しています。

仕事の生産性を高める「心理的安全」
http://hamamuratakuo.blog61.fc2.com/blog-entry-1333.html

ましてや、個々に違う分野でクリエイティビティーを発揮してほしいIT/Web業界では、この褒めることで個のやる気を引き出していく、というのはマネジメントにとって最も重要な要素になると感じています。

「心理的安全性をつくる」ということ

 

以上、これまたこじつけ多数のバスケネタでした。